こめの焼酎プロジェクト

米野真理子と球磨焼酎3社のコラボレーションで開発した米焼酎
コンセプト

soju2
  1. 地元産米を使用。
  2. ボトルは環境問題を鑑みワインボトルのリユース瓶を使用。
  3. 球磨焼酎のバリエーション豊かさを発信するため相性のよい料理やティステ ィングコメントをラベルに記載。

 

詳細

銘柄:こめの
製造元:深野酒造本店/渕田酒造本店/恒松酒造
原材料:全量球磨米
容量:750ml(ワインリユースボトル)

発売元:鳥越商店
熊本県人吉市西間上町810-1
TEL:0966-22-2375

プロセス

s_e2
きっかけ
s1近年の焼酎ブームの中で、球磨焼酎の知名度も上がりました。
私も職業柄、球磨焼酎をもっと知らなければと思っていたところに思いもがけず焼酎のカタログ造りのお手伝いをする事になりました。
私の仕事は率直にテイスティングのコメントを書く事!それもじっくり2ヶ月をかけて球磨焼酎のほぼ全種類といえる200数十アイテム!!
こんなまたと無いチャンスに大喜びでしたが、我が家の一部屋は2ヶ月間焼酎でうめつくされてしまいました。
たいした予備知識もない私は先入観もなくひたすらテイスティングに明け暮れましたが、お陰で2ヶ月後には、身をもってその奥の深さと幅の広い味わいを体験させて頂くことができました。
球磨焼酎とは
s2球磨焼酎は焼酎初心者にとって爽やかで飲みやすいタイプから、イモ焼酎よりコクも甘味も旨味も強く出る力強い味わいのもの、また食中に最適なお腹にもたれない淡麗なもの、食後のひとときを楽しむ香り高き熟成タイプなど、28の蔵元から実に様々なタイプの焼酎が造り出されています。
霧深い人里離れた土地で旨い米と清らかな水、温かい人の手、その一つ一つが世界に誇れる焼酎を産み出す要因となって何処にも真似のできない味わいを産み出しています。
球磨焼酎の個性
s3球磨焼酎は昔ながらの常圧蒸留の深い味わいや米や水の美しさを引き出して造られる減圧蒸留、クリアーな物だからこそ贅沢な香りが活きる樽熟成、そして時間の経過と共に滑らかでより深みをもたらす甕(かめ)貯蔵などなど。
またそれらも飲み方や温度を変える事で全く違う味わいとなる不思議な酒です。生、ロック、水割りで楽しむもよし、好みの度数でお湯割りを楽しむもよし、また和食、洋食、中華にあわせて自分なりの組み合わせを見つけるのも楽しい物です。
なぜ焼酎を
s5しかしながら、世界の産地呼称資格も得ている球磨焼酎の中で球磨の米を使って仕込まれているものとそうでない物が混在し、味わいの違う物も全て球磨焼酎として一括りにされているのが現状です。
その事がどうしてもワインに携わっている私には選びつらくもあり、納得できないところでもありました。
世界に自信をもって誇れる真の球磨焼酎を追求したい。この優れた焼酎の広い世界を伝えたい、と思うようになりました。
そこでこのような考えをお持ちのいくつかの蔵の若い蔵人さんとともにタイプの違う焼酎を今仕込ませて頂いております。
ゆめ
s4ワインを外から故郷に持ち込んでいる私にできること。 その一つに以前から気になっていた、ワインの空き瓶が思い当たりました。
ワインの空き瓶は現在酒屋でも引き取りができずに家庭ゴミとして出され、廃棄処分になっているのが現状です。
そのワインの空き瓶をリサイクルして今度はそれに故郷の酒をつめて、ワインがやってきた国々へ送り返す事ができたら、どんなに素敵だろうと思います。

そのために世界に誇れる熊本の酒を今一生懸命造らせて頂いています。 ワインも酒も焼酎も選べる国に住んでいる幸せを噛みしめながら、レストランやショップとお客様の架け橋から、葡萄の国と米の国の架け橋の一本の木にいつかなれればと願っております。

 

こめの焼酎テイスティングコメント

恒松良孝仕込
260_0 35度 750ml 2,835 円
製造元: 恒松酒造本店

<テイスティングコメント>
常圧とは思えない爽やかな草原のような香りとフルーツの香り。飲み込んだ途端、香ばしい焼き米や甘栗のような濃い甘味が広がります。腰を据えてお湯割でじっくり飲むのもいいでしょうが、冷やしてリキュールグラスで生のまま飲むのも面白い。 
<お料理>

猪料理、地鶏の炭焼き、ホルモン煮込み 力強い味わいの料理との相性がよい

 

深野誠一仕込
261_025度 750ml 減圧 白麹
製造元: 深野酒造本店 1,680 円

<テイスティングコメント>
涼やかなフルーツ香と上品で爽やかな印象。軽い口当たりながら球磨米本来の旨みがしっかりとあり、クラッシュアイスで薄めて飲んでも消えない香りと甘味があります。
<オススメの飲み方>
レーズンやチーズなどをつまみながら、バーのカウンターでどうぞ。美しい余韻があるので冷たく冷やしてお楽しみください。

 

深野誠一仕込
262_025度 750ml  常圧 黒麹 (復刻版黒麹使用)
製造元: 深野酒造本店  1,869 円

<テイスティングコメント>
清らかな香りに包まれ、まろやかでデリケートな甘味とコクをかもし出しています。
<お料理>
うなぎなど深い味わいを持った料理にはロックや水割り、串揚げなどの油を使った料理にはお湯割がオススメです。

 

渕田嘉助仕込
263_028度 750ml 減圧 白麹
製造元: 渕田酒造本店 2,394 円

<テイスティングコメント>
リンゴジャムやスポンジケーキのような柔らかな甘味のある香り、口当たりは丸く、いつの間にか喉にすべりこむ滑らかさがあります。味わいはじんわりと旨みが広がった後、きりっと切れ上がります。
<お料理>
刺身から油ものまで様々な食事に対応でる味わいです。 焼き魚にはお湯割り、お寿司にはロックがオススメです。

 

ご購入について

球磨焼酎卸問屋 鳥越商店のウエブサイトよりご注文いただけます。

こだわりの焼酎をぜひご堪能ください。

 

メディア

  • 共同通信社より「こめの焼酎」について取材を受けました。
    「ワインの空き瓶に焼酎  女性ソムリエがリサイクル」という記事が1月20日配信されました。 【記事のコピーはこちら

 

  • RKK熊本放送で球磨焼酎「こめの」ができるまでの2年間を追ったドキュメンタリー番組が放送されました。